プロ野球

【祝優勝】阪神、アレの次は個人タイトル!近本、中野、大山、村上、岩崎に栄冠!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

★この記事で分かること★

  • 2023年阪神タイガースの個人タイトル獲得の展望
  • 村上の最優秀防御率、岩崎の最多セーブの可能性
  • 中野の最多安打、大山の最高出塁率、近本の盗塁王の可能性

皆さん、こんにちは!けんた@ロスジェネ青春マガジン(@lost_gene_mag)です!

2023年の阪神タイガースは、9月上旬に早くもアレ…もとい優勝を確定させました。

そして、チームは次の目標に向け、クライマックスシリーズを突破し、「日本一」に向かおうとしております。

クライマックスシリーズまでの間、阪神の試合はいわゆる「消化試合」になるかと思いきや、さにあらず。

2023年の阪神タイガース、個人タイトルを狙える選手が、何人もいる

状況にあり、優勝確定後も、日々見応えのある試合を展開していました。

本日は、元スポーツライターとして、プロ野球の取材にかかわってきた私が、阪神選手の個人タイトル獲得の可能性について、お話しさせていただこうと思います。

【プロ野球見るならスカパー!スマホも完全対応!】

今年の阪神タイガース、見応えある試合を日々展開しています。

でも、地上波で中継を見ていると、いつもいいところで試合が終わってしまう…。

そんなときは、専門チャンネルで最初から最後まで、しっかり見るのがオススメです!

スカパー!プロ野球セット」なら、全プロ野球の試合を、最初から最後まで、フルに楽しむことができます。

もちろん、スマホでの観戦もバッチリ対応

しかも、DAZNでは見られない広島ホームゲームの試合も、スカパー!プロ野球セットなら大丈夫!

加入月はゼロ円と、超お得!

プロ野球ファンの皆さん、一緒にスカパー!プロ野球セットで試合を楽しみましょう!


圧倒的な好成績はいないが…個人タイトルは狙える!

2023年の阪神タイガースは、優勝を決めたものの、圧倒的な成績を誇るバッターはいませんでした。

どちらかというと、知将・岡田監督のもと、一人一人の実力を最大限に引き出して、チームとして勝利を挙げる…というようなスタイルで、今年の「優勝」を勝ち取っています。

ですので、昨年の村上のようなバッターがいるわけでもなければ、少し前のヤクルト・山田やソフトバンク・柳田のような「トリプルスリー」を達成するような選手がいるわけでもありません。

ですので、一見、

今年の阪神は、個人タイトルは無縁かな…

というような印象を持ちがちですが、そうではありません。

今年の阪神タイガース、実は個人タイトル候補、たくさんいるんです!

では、阪神タイガースの個人タイトル候補選手、見ていきましょう!

最優秀防御率:村上(1.75)

まず、今年の阪神タイガースといえば、「守り勝つ野球」が自慢になるわけですが…

なんといっても、その土台にあるのは、盤石の投手陣

そして、その投手陣の中で、柱となったのは、昨年までのエース・青柳や、圧倒的な実績を誇る西勇輝ではなく…

実質的に今年が初の1軍フル稼働となる、村上でした。

村上は、セ・リーグの規定投球回数到達ピッチャーの中で、数少ない防御率1点台

年間通して安定したピッチングを披露し、最終的には防御率1.75という圧倒的な数字を残して、最優秀防御率のタイトルを手にしたのでした。

最多セーブ:岩崎(35セーブ)

続いて、最多セーブですが、こちらは阪神・岩崎と、中日のR.マルティネス、そしてヤクルトの田口が激しいデッドヒートを繰り広げていました。

セーブを挙げるためには、基本的には「3点差以内のリードで最終回を迎えて、勝つ」ということを達成する必要があるため、岩崎自身のみならず、チーム全体でここから先の消化試合を勝たなければなりません。

一方で、タイトルを争う残りの2ピッチャーは、ともにリーグ下位に位置しており、そもそもセーブシチュエーションが限定的になりがち。加えて、絶対的な安定感を誇る中日のR.マルティネスが戦線離脱したため、タイトル争いは岩崎と田口の争いになりましたが…

最終的に、岩崎が35セーブを挙げ、最多セーブを記録するに至ります。

岩崎一人の力でどうにかなる記録ではないのですが、湯浅不在の中で、シーズン途中から守護神として奮闘した岩崎の苦労は、このタイトルで報われたと言って良いでしょう。

けんた
けんた
ヤクルト・田口は、デッドボール後の勝利の舞でスポーツマンシップを疑われるような行為もしていましたが、そんな選手にタイトルを奪われなくて、ホッとしています。

最多安打:中野(164安打)

ここからは打者部門を見ていきます。

まず、最多安打では、阪神・中野とDeNA・牧、そして中日・岡林のデッドヒートとなっていました。

中野はシーズン通してフル出場を続けており、疲労も気になるところではありますが、そんな中で、セ・リーグを代表する好打者たちと、厳しい最多安打争いが繰り広げられていたのです。

シーズン最終盤まで全く展開が読めない状況になっていましたが、最終的にはDeNA・牧と同数の164安打で、中野が見事に最多安打を達成することができました。

最高出塁率:大山(.403)

続いて、最高出塁率では、.403という数字を残し、見事に大山がタイトルを奪取しました。つけています。

首位打者と違い、最高出塁率は「四死球数」がカウントに含まれるのですが、今年の阪神はしっかりとボールを見極めて、四球で出塁して点につなげるシーンが多々ありました。

そういった意味で、首位打者ではない「最高出塁率」を阪神の選手が獲得することは、ひとつ、今年の阪神タイガースを象徴する、大きな意味を持つと言えるでしょう。

盗塁王:近本(28盗塁)

そして、盗塁王については、今年も近本が獲得しています。今年の盗塁数は28盗塁でした。

近本は、シーズン途中にデッドボールがあって離脱期間がありましたが、仮にこれがなかったら、もう少し数値は伸びていたはず。

ただ、それを差し引いても、2位に大差を付けて盗塁王を獲得しているあたり、近本の機動力には本当にほれぼれします。

ちなみに、その「盗塁ランキング2位」も、実は同じ阪神の中野。阪神の走れる1・2番は、本当に心強いです。

かつて阪神といえば「F1セブン」と呼ばれる俊足選手揃いで知られていました。

そういった「俊足の選手が試合を作る」伝統は、2023年にあってもなお健在だと言えそうですね。

まとめ

以上、本日は、2023年の優勝を決めた阪神タイガースで、個人タイトルを獲得した選手について見ていきました。

投手では、最優秀防御率の村上最多セーブの岩崎

野手では、最多安打の中野最高出塁率の大山、そして盗塁王の近本

今年の阪神は、圧倒的なスター選手がいたわけではありませんが、それでもそれぞれの選手が、自分の役割をしっかり果たす中で、「アレ」を手にすることができました。

その「自分の役割」が果たされた結果が、まさにこの個人タイトルだといえるでしょう。

この個人タイトル獲得を励みに、この後のクライマックスシリーズ、そして日本シリーズも、期待したいところです!

【プロ野球見るならスカパー!スマホも完全対応!】

今年の阪神タイガース、見応えある試合を日々展開しています。

でも、地上波で中継を見ていると、いつもいいところで試合が終わってしまう…。

そんなときは、専門チャンネルで最初から最後まで、しっかり見るのがオススメです!

スカパー!プロ野球セット」なら、全プロ野球の試合を、最初から最後まで、フルに楽しむことができます。

もちろん、スマホでの観戦もバッチリ対応

しかも、DAZNでは見られない広島ホームゲームの試合も、スカパー!プロ野球セットなら大丈夫!

加入月はゼロ円と、超お得!

プロ野球ファンの皆さん、一緒にスカパー!プロ野球セットで試合を楽しみましょう!


にほんブログ村 その他日記ブログ ロストジェネレーション世代へ